新しい技術を使って、アニメ・ゲーム・マンガといったこれまでの枠組みに入らない新しいコンテンツの形を、「正社員・業務委託」・「働く場所」・「年功序列の給与体系」といった概念にとらわれない新しい働き方で一緒に夢中になって作っていけるメンバーを募集しています。

求める人材
1. ワクワクしながら働きたい人
2. 新しいことにチャレンジするのが好きな人
3. ファンやメンバーを楽しませたい人

複数人を同時に撮影可能な光学式モーションキャプチャーとUnityを使い、セルアニメルックのキャラクターコンテンツを制作します。制作の際は、作家・イラストレーター・声優・俳優等のチームで、設定・ストーリー等を構築し長期間楽しんでもらえるコンテンツを制作します。

アニメのようにストーリーを楽しめ、ゲームのようにインタラクティブで、vTuberのようにイキイキとしたキャラクターコンテンツの制作をしています。展開は動画配信だけでなくライブストリーミングやVRやARを予定しております。(リリース前のため詳細はお会いした際にご説明します。)

原作制作から開発、
運営を1社で実施

元大手出版社の編集長やアニメが得意な音楽プロデューサーが在籍しているため、企画・原作制作も得意な会社です。

楽しいが一番

作り手の楽しんでいる熱量が、作品の熱量になり、ユーザーの熱狂を生むと考えています。メンバーが熱中してモノ作りが出来る環境を作ることが会社の最優先事項です。

プロセスではなく
アウトプット管理

本人とチームが合意したアウトプットの内容とスケジュールが守れていれば、原則自由。もちろん能力に応じたアウトプット設定を行い、サポートも行います。

メンバーの
自主制作応援

最新のモーションキャプチャーやVR機材等を、機材を使っていない時間に利用可能です。クリエイターの自主制作を応援します。社内公募制度もあります。

新規技術・デバイスへの積極投資

世界初、日本初、業界初と呼べるような新しい技術開発・デバイスへの投資を積極的に行っていきます。

リモートワークもOK

オフィスに来ることよりもアウトプットを重視するため、業務が捗る環境で働くことを推奨します。既に半数以上がリモートワークです。(2018年2月時点)

首都圏以外に居住での
フルリモートワークもOK

プロジェクトに興味はあるけど、引っ越せない方は、そのまま自宅でSlack、ビデオ会議、出張ベースで勤務可能です。創業メンバーも旅をしながら働くのが夢です。

週2日からOK

個人での活動や他社のプロジェクトとの両立も可能です。勤務日数に関しては業務内容・時期に応じて柔軟に相談に乗ります。

副業もOK

会社に届け出ていただければ、スキルアップに繋がる副業や面白そうな副業など推奨・応援します。独立なども応援します。

インセンティブ制度

会社の業績に連動した賞与とは別に、担当した企画がヒットした場合は利益の一定割合を上限を設けず関与したメンバーに還元します。

柔軟な給与体系

年齢や勤続年数ではなく、どういう貢献を会社・プロジェクトに出来るかで給与が決まります。半年に一度、給与の見直しを行います。

軽食・ドリンク無料

勤務中の飲み物や軽食を常備しております。また、定期的なチームビルディング費用の補助を行います。

書籍等の購入

業務に必要な書籍は購入自由です。

セミナー参加補助

レポートを書きメンバーに共有することを前提に、会社が参加費の補助を行います。

ゲーム・アニメ・マンガ・
ラノベ等の購入補助

レポートを書きメンバーに共有することを前提に、会社が購入費の補助を行います。

働きやすい環境サポート

PC・マウス・キーボード等、こだわりの使いやすい機材を指定して頂き購入可能です。(上限30万円、但しVR開発等で必要な場合は例外対応を行います)

ボードゲーム完備

フリースペースでボードゲームを楽しめます。

  • リモートワークの運用はどのようにしているのですか。
  • 勤務場所を自由に設定できるフレックス勤務制度を導入しています。フレックス勤務はコミュニケーションの円滑化のために、コアタイム11時〜16時を設定し、メンバー間で連絡が取れるようにしています。
  • リモートワークは誰が対象になるのですか。
  • 自身でプロジェクトで決まった役割と成果を管理し、完結できる方は、全員対象です。現状では、プロデューサー、エンジニアやアーティストの方がリモートワークを行っています。但し、キックオフミーティングや収録等で必要な場合は出社が必要です。遠方の方は出張扱いとなります。
  • 首都圏以外のフルリモートワークはどのような職種が対象ですか。
  • 主にエンジニアやCGアーティストの方で、業務を大部分を一人で完結できる方を対象としております。また、チームのコミュニケーション円滑化のために定期的に出張をお願い致します。
  • チームワーク円滑化のために行っていることは有りますか。
  • メンバー間の懇親会の補助、遠方メンバーの定期的な出張など業務中・業務外の双方でのメンバー同士が働きやすくなるためのアイディアを随時実現していきます。
Balus CO., LTD. COPYRIGHT ©️ 2018 Balus CO., LTD.